IT技術者派遣・アウトソーシングの株式会社NISです。

POSibleの導入事例

株式会社コレクションシバ様

POSible導入店舗株式会社コレクションシバ様は『安心・安全・納得』の3つをキーワードにお客さまの元へ商品をお届けされています。神奈川県厚木市で30年近く営業されている質屋さんです。お客さまに後悔のないお買い物をして頂くため、無理強いをしない接客を務めておられます。

 導入のきっかけ 「レジシステムと商品情報が連動していなかった」

case1_1他社製POSとの契約更新の時期が迫っており、新しいPOSシステムへの切替を検討していました。以前は商品と管理台帳との連携が出来ておらず、販売履歴や在庫状況をリアルタイムに把握できませんでした。
レシートには部門の名前しか記載されず、精算レシートでの項目別の集計も出来ませんでした。そのため、管理台帳への売上反映はレシートを1枚1枚見ながら行っており、従業員の負担はとても大きいものでした。

 POSibleを選んだポイント

管理台帳とPOSレジを同期できる

コレクションシバでは、店頭だけでなくインターネット通販や業者間の取引を行っています。それら全ての販売、仕入はエクセルの台帳によって管理しています。
POSibleの導入により、管理台帳とPOSシステムとの同期が可能になりました。
これによって現状の在庫数や資産合計が把握できるようになりました。

導入時カスタマイズで運用に即したレジシステムに

見積もりの際、丁寧な聞き取り調査をしてもらい、見積書と一緒に提案書を作成してもらいました。次期システムをPOSibleに決めた後も、何度も足を運んでもらい、一つ一つ要件を決めていくことが出来ました。おかげで会計種別ごとの枚数を変えてレシートが発行できたり、特殊な免税処理をボタン1つで行えるようになりました。
その他にも細かい部分をコレクションシバの運用に合わせてカスタマイズしてもらうことで、使いやすいレジシステムが出来上がりました。

何でも表示できるカスタマーディスプレイ

POSibleは、お会計の金額を表示するカスタマーディスプレイに何でも表示することが出来ました。そこでコレクションシバでは、貴金属の買取相場を表示させることにしました。このデジタルサイネージ機能によって最新の相場情報をお客様にお知らせしています。

導入後の感想

POSibleの操作画面 case1_3 カスタマディスプレイ実用例

「今まで手作業で行っていた部門別の集計作業が、精算レシートで確認できるようになり、精算の作業が大幅に効率化できるようになりました」(経理担当)
「レジ金の移動も管理できるようになり、店舗内のキャッシュフローが明確になりました」(経理担当)
「店舗控えのレシートに管理番号や商品ごとの値引き価格が記載できるようになり、商品の管理が楽になりました」(店舗スタッフ)
「理論在庫と比較して棚卸が行えるようになり、在庫の把握が楽になりました」(店舗スタッフ)

 今後の展望

多店舗展開を視野に入れながら、全スタッフのリアルタイムでの情報共有を目指していきます。
モバイル端末と連携し、店舗でも古物市場でも場所を問わずに商品情報や売上情報を活用していきたいと考えております。
今後もNISさんと共に質業の新しい運用方法を確立していきたいと思っています。